季節毎の薄毛・抜け毛対策

夏・紫外線の強い時期に女性がするべき薄毛・抜け毛対策

更新日:

Sponsored Link

暑い夏は紫外線も強く外出が多ければ、髪はそれだけダメージを受けやすくなります。

紫外線対策をきちんとしておきませんと、夏が終わってからそのダメージが大きくなってしまう場合もあります。

抜け毛や薄毛に悩んでいる人は勿論、自分は大丈夫だと思っている人も油断は禁物です。

夏の間に髪や頭皮が受けたダメージの蓄積は、秋以降に抜け毛や薄毛の症状として表われます。

夏の間にしておいた方がいい抜け毛対策について、お話していきます。

夏の薄毛・抜け毛対策

紫外線のカット

紫外線髪や頭皮は、暑い夏の間でも肌の3倍の紫外線を浴びています。

紫外線対策をしないと、血行不良、あるいは頭皮の老化や日焼け等の症状を招いてしまうことになります。

麻や麦わら等の通気性のいい素材で作られた帽子をかぶる、日傘をさす、活性酸素を減らす食事をする等の対策をとる必要があります。

刺激性の低い無添加無香料のアミノ酸や植物性のシャンプーを使って、よく泡立ててから指の腹で優しく洗い、後でよく濯ぐ等の正しい洗髪方法をすることも大切です。

また仕事や運動をした後はゆっくり休む、UVカットのヘアスプレーをつける等の対策をとってください。

汗を拭く女性夏は1年の中で最も汗をかく時期です。

新陳代謝の面からは問題ないのですが、汗を拭かないままでいると抜け毛の原因になる場合もあります。

タオルやハンカチ等で小まめに汗を拭き、シャワーでキレイに汗を洗い流すことが大切です。

ただし、1日に何度もシャンプーをしますと、必要な皮脂までとってしまい、逆に抜け毛を増やすことになりますので止めてください。

また洗髪の前に髪をお湯で流し十分濯いでおくこと、洗髪後はしっかりタオルドライをして、しっかり水分をとってから、ドライヤーの冷風で乾かすようにしましょう。

また熱中症予防のため、殊に首と脇をしっかり冷やすことも大切です。

海やプールに行ったら…

泳がない場合には、麦わら帽をかぶる、髪の日焼け止めを使う等の対策をとることも大切です。

泳いだ後はしっかり髪を水洗いし、洗髪する場合はアミノ酸シャンプーを使いましょう。

水に長時間入っているとだるくなるはずですから、帰宅したら早めに休んで、疲れを翌日に持ち越さないようにしましょう。

頭皮の温度

頭皮の温度が下がりますと乾燥したり、血行不良を起こしたりしますので注意が必要です。

クーラーの効いた室内にいる場合は湿度を60~65%の範囲に設定し、頭皮に直接冷風があたらないように注意してください。

また入浴時には半身浴をしながら頭皮マッサージを行うと良いでしょう。

睡眠

涼しい日については心配ありませんが、熱帯夜で寝苦しい時にはクーラーをタイマーにしたり、扇風機をかけたり、クール枕やクールマットを使う等して体温を適温に戻し、早めに眠れるように工夫をしてください。

よく寝ることで体の疲れがとれることは、1番最後に頭皮にまで栄養が行き届くことになりますので、一石二鳥なのです。

また寝ている時でも首と脇を冷やすことも大切ですが、逆に冷やしすぎても逆効果ですので、適度な冷やし方を工夫して休んでください。

夏の間のおすすめケア

半身浴

お風呂に入る女性寒い季節は浴槽に入っても夏は暑いので、シャワーで済ませているという人もいると思います。

Sponsored Link

夏でも冷房の使用により体は冷えていますから、少なめのお湯に入り時間をかけて、ゆっくり体を温める半身浴は血行も改善します。

頭皮の血行をよくすることにもなり、とても効果的な方法と言えます。

出来れば毎日行うのが理想ですが、週2、3回20分位行っても十分効果はあると思います。

半身浴は、美肌やダイエットにも効果があると言われていますので、女性には最適の方法でもあります。

洗髪

まずシャンプーをつける前に、38度以下のお湯でしっかりと頭皮と髪を濡らしておき、シャンプーはよく泡立ててから髪につけるようにしましょう。

原液のままつけるのは止めてください。

洗髪の際には頭皮に爪を立てず、指の腹で揉み込むように優しく洗うようにしましょう。

濯ぐ際には洗髪の倍の時間をかけ、隅々までていねいに洗い流して濯ぎ残しのないようにしてください。

また界面活性剤等洗浄力の強すぎる成分が入っているシャンプーで洗いますと、髪に必要なキューティクルまで剥がしてしまう可能性がありますから、無添加無香料の植物由来の、刺激の薄い成分中心のアミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。

スタイリング

スタイリングにはトリートメント・ヘアクリーム・コンディショナーを使いますが、トリートメントやヘアクリームは髪の内部に浸透する性質を持ち、コンディショナーは、髪の表面をコーティングする性質があります。

ですので、つける順番を間違えないように十分注意する必要があります。

もし順番を間違えてつけてしまいますと、髪内部に有効な成分が行き届きにくくなりますから、くれぐれも気をつけてください。

次に洗髪後のタオルドライについてですが、入浴後は吸水性の強いタオルで髪をはさんで、こすらずに軽く叩きながら水分をとるようにしましょう。

この段階で、十分水分をとっておくことが大切です。

頭皮もこすらないように、注意して拭いておくようにしてください。

タオルドライに時間をかけておけば、ドライヤーをかける時間を短縮出来、髪の傷み具合を最小限の抑えることが出来ますので、薄毛になりにくくなります。

ドライヤー

ドライヤーは髪から20cm以上離し頭皮から乾かすようにして、1箇所に集中して温風をあて続けないようにしましょう。

左右に振りながら、手早く乾かすのがコツです。最後に冷風をあてて、キューティクルを引き締めるのがベストな方法です。

 

-季節毎の薄毛・抜け毛対策

Copyright© 女性の育毛・頭皮ケアガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.