女性の薄毛・抜け毛

産後抜け毛はどうして起きる?いつ起きていつまで続くの?正しいケアで改善します

更新日:

Sponsored Link

産後脱毛症、産後抜け毛・ハゲというのは出産を経験した女性の大半が通る道です。

自然と治ると言われているので、必要以上に心配する必要はないのですが、やはり「いつから始まるの?」、「いつまで続くの?」、「治るの?」といった疑問はつきものです。

ここではその疑問にお答えしていきたいと思います。

産後抜け毛が起きるメカニズム

出産は多くの女性が経験するもので、それに伴って様々な変化や症状が体に表れてくるものです。

産後の脱毛症もその1つで、経産婦の約7割が経験していると言われています。

髪の毛がよく抜けるのは入浴中の洗髪時や、その洗髪後のドライヤー等をかけている時だそうですが、産後の体の変化による自然なことですので、特に心配はないとのことです。

産後脱毛症の主な原因は女性ホルモンの変化によるものです。

妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えます。

髪の毛は普通一定のサイクルで生え変わるところを、この時期は女性ホルモンの増加によって抜けにくくなり、髪の毛や体毛が増えて毛深くなる女性もいます。

しかし、その後出産しますと女性ホルモンが減少し、妊娠中は抜けないでいた髪の毛が、一気に抜けてしまうのです。
これが産後脱毛症の起こるメカニズムです。

産後抜け毛はいつから始まり、いつまで続く?

説明する女性ヘアサイクルは通常髪の毛の増える時期である成長期が2年~6年、髪の毛が抜ける時期である退行期が2~3週間、髪の毛が生え変わる休みの時期である休止期が2~3ヶ月と言われています。

産後の脱毛症は産後まもなく大量の抜け毛があって休止期に入り、その休止期の2~3ヶ月を過ぎますと、女性ホルモンの生活習慣等により多少個人差はありますが、産後6ヶ月から1年の間にはおさまると言われています。

生理的なことですので、特別な対策をとる必要はないと言われています。

しかし、脱毛症状が続く時期が長期に渡りますと、精神的なストレスになる場合があります。

子育てによるストレス、授乳や世話による睡眠不足、忙しさから食事がきちんと摂れないことや、また髪の毛が抜けるのではないかというストレス自体も、新たな抜け毛の原因になる場合もあります。

産後抜け毛の改善方法

ママと赤ちゃん栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活を送ることを心がけ、睡眠をおおくとったりストレスを溜めない工夫等をすることが大切です。

夫や両親等を始めとする家族や親族・友人等の協力を得ながら育児中でも休憩をし、極力リラックス出来る時間を持てるようにしましょう。

授乳の時間をうまく調節することにより生活のリズムを作り、自分だけの食事の時間も確保して、しっかり栄養バランスのとれた食事を摂るようにしましょう。

生活が不規則になりがちだとしても、昼夜逆転の生活にだけはならないようにし、夜は眠れなくても横になって目をつぶるようにすれば、それだけでも心身は休まってきます。

そして産後抜け毛は出産をすれば誰でもなり得る脱毛の症状ですので、あまり悩まないようにしてください。

悩み過ぎることもストレスの原因となって、また薄毛や抜け毛が悪化してしまう可能性があるからです。

Sponsored Link

また夜どうしても眠れない場合は赤ちゃんと昼寝をしたり、少しの空き時間でも仮眠をとるようにしてみましょう。

最後に産後抜け毛の解消に効果のある食材として、大豆製品・マグロ・カツオ・豚肉・レバー・ゴマ・野菜類・海藻等のミネラル類・キノコ類・サツマイモ類等を上げておきますので、自分で調理する余裕がない場合でも、これらの食材を含む料理を食べるようにすると良いでしょう。

カルシウムを多く含む牛乳・チーズ・魚介類、タンパク質の豊富な大豆製品・肉類・卵、ケラチンを作るビタミンB6を中心としたビタミンB群を含む豚肉・レバー・大豆・マグロ・カツオ等、また亜鉛や鉄等のミネラル分を豊富に含むワカメ・ひじき・貝類・ほうれん草等を中心に、栄養を偏りなく摂れる食事を心がけてみてください。

女性用育毛剤の使用も産後抜け毛改善には良い方法です。

ベルタ育毛剤のサポートスタッフさんには出産を経験したスタッフさんが多数在籍しています。

スタッフさんに相談しながら、産後抜け毛を改善している愛用者さんはたくさんいるという事です。 (スタッフさんから聞いた話です。)

女性用育毛剤ランキングページ

-女性の薄毛・抜け毛

Copyright© 女性の育毛・頭皮ケアガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.