女性の薄毛・抜け毛

女性の薄げ毛も遺伝の可能性がある!?女性の抜け毛・薄毛の特徴

更新日:

Sponsored Link

男性の場合、「父親が薄毛だったから、自分も薄毛になった。」ということは、多いかと思います。

男性の場合には、薄毛や抜け毛はある程度の割合で遺伝によって起こると言われています。

もともと男性の抜け毛の原因というのは、男性ホルモンによるものなので、この男性ホルモンの分泌などが、遺伝でもある程度決まるからのようです。

女性の場合にはどうでしょうか?

女性の薄毛も遺伝の可能性がある!?

白髪頭の母親と、薄毛に悩む子どもと、全く違う悩みを持つ母娘というのは、実は多くいます。

白髪頭そう考えると、女性の薄毛や抜け毛というのは、遺伝というよりは、環境や生活など、個々の状況の違いによって起こるもの、つまり遺伝ではない。といえるものが多いようです。

完全に遺伝によるものではないとは言えませんが、女性の場合には、薄毛に遺伝子が関係しているということは、可能性は少ないようですよ。

そのため、仮に母親が薄毛であっても、娘が薄毛になるということは避けることも可能です。

女性の薄毛は女性ホルモンがかなりの割合で影響をしています。

食べ物に気を付けて見たり、生活習慣を見直してみることで、この薄毛を改善したり、予防することはできです。

ただ、同じ環境で、同じような食事を続けている母娘の場合には、環境や生活などの状況が同じになるために、環境的な遺伝によって、同じような薄毛や抜け毛に悩むことも多くなりますので、この辺りを見極めることは大切です。

女性の薄毛・抜け毛の特徴

女性の抜け毛で1番多いと言われる特徴は、頭部全体が薄くなる「びまん性脱毛症」です。

びまん性脱毛症頭部が全体的に薄くなることで髪にボリュームがなくなり、つむじや分け目の地肌が目立つようになるのが特徴です。

ただし薄くはなるものの、男性のようにハゲてしまうということはありません。

ちなみに男性の場合は、男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結び付いて、ジヒドテストステロンという、もっと強い働きを持つ男性ホルモンになることで薄毛や抜け毛になります。

女性は抜け毛が多くなりやすい男性ホルモンは、分泌されても僅かな量ですから、滅多なことではハゲないのです。

それでも何らかの原因によって、女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって、毛髪の成長をサポートする機能が弱くなってしまうことで、女性の抜け毛は顕著になります。

女性の抜け毛は、原因が妊娠・出産や加齢等によるホルモンバランスの変化の影響だとしても、生活習慣や食生活を改善することによって減らすことも、新たな発毛に結び付けることも可能です。

例えば

  • 夜更しによる睡眠不足を改善
  • 朝帰りを辞める
  • 偏食や暴飲暴食を辞める
  • 正しいヘアケアを実践
  • 適度な運動をする
  • ストレスを溜めない工夫をする
  • シャンプー・トリートメント・女性用育毛剤・サプリ等のアイテムを使用する

といった、適切な併用をすることによって、十分改善することが出来ます。

Sponsored Link

びまん性脱毛症以外の女性の主な脱毛症として…

分娩後脱毛症 出産後急激に女性ホルモンが減少し、一時的に脱毛が多くなる症状
脂漏(しろう)性脱毛症 皮脂の過剰分泌により起こる症状
ひこう性脱毛症 合わないシャンプーの使用や間違った洗髪方法、シャンプー不足等が原因でフケが大量に発生してしまう症状
けん引性脱毛症 髪の長い人がポニーテールやアップヘアーにし、長時間髪が引っ張られることで頭皮に負担がかかって抜け毛が増える症状

さらに、性別年齢を問わずストレスが原因でなる円形脱毛症等があります。

円形脱毛症は、他の脱毛症と並行して起こることもあります。

生活等を改善しても治らない場合は、薄毛や抜け毛治療の専門医の診察を受けるようにしましょう。

-女性の薄毛・抜け毛

Copyright© 女性の育毛・頭皮ケアガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.