女性の薄毛・抜け毛

女性の薄毛・抜け毛改善に良い栄養分って何?必要な栄養を取ることで改善が期待できます

更新日:

Sponsored Link

女性の薄毛・抜け毛の原因の一つに「栄養不足」が考えられます。

栄養不足は栄養バランスの悪い食生活が最大の要因です。

必要な栄養が身体に入ってこないので、頭皮・髪にまで栄養が行き渡りません。

ここでは、どんな栄養が髪・頭皮に必要なのかまとめてみました。

女性の薄毛・抜け毛に必要な成分~鉄分とミネラル~

ミネラル

薄毛や抜け毛の解消には、ミネラルが豊富に含まれているワカメやヒジキ等の海藻類を食べると良いと言われています。

海藻サラダそれはミネラルが体内に取り入れた栄養を細胞に吸収させる、代謝機能を持つ酵素を活性化させる働きがあるからです。

髪の毛を構成する主な成分の1つはタンパク質です。

食事で摂取したタンパク質が、そのまま髪の毛になるわけではなく、体内で合成されてケラチンとなることによって、頭皮から髪の毛として生えてくるという仕組みになっています。

このケラチンを合成する時に必要になるのがミネラル成分です。

ミネラル不足になりますと、例えタンパク質が足りていても吸収することが出来なくなって、頭皮に栄養が行き届かず、髪の毛が合成出来なくなってしまうことで、薄毛や抜け毛の原因となるのです。

ミネラル不足の原因は、過剰なダイエット・偏食・ストレス・加齢等が考えられますが、中でも加齢によって薄毛や抜け毛がひどくなるのは、ミネラルの吸収率が年と共に低下してしまうからだと言われています。

ですから薄毛や抜け毛がひどいのではないかと気付いたら、まずミネラル不足になっていないかどうかを確認する必要があります。

かと言って摂り過ぎても又別の弊害が出てきますので必ず適量を摂取するようにしてください。

鉄分

鉄分が育毛に良いのは間接的にではありますが、鉄分が主に赤血球の中心になる成分であるためです。

鉄分が不足しますと貧血になったり血流が滞って栄養が行き届かなくなったりします。

育毛には頭皮の毛細血管を通って運ばれてくる栄養が不可欠であるため、鉄分不足も薄毛や抜け毛の原因となり得るのです。

厚労省では「日本人の食事摂取量基準2015年版」の中で、成人男性は1日あたり7.0mg、月経のある成人女性は10.5mgの鉄分が必要であるとしています。

しかし、月経のある成人女性は毎月適量の血液の排出に伴って、鉄分も排出していることになりますので、男性よりも必要摂取量が多めになっているのです。

食事で摂りきれない分をサプリで摂るのは構いませんが、逆に摂り過ぎても活性酸素が増えて、ガンの可能性が生じてきますので、決して過剰な摂取はしないようにしてください。

女性の薄毛・抜け毛に必要な成分~イソフラボン~

イソフラボンの殆どは、大豆製品に含まれている大豆イソフラボンに該当します。

イソフラボンについてお話するためには、まず女性ホルモンのエストロゲンについて御説明しておきます。

お豆腐エストロゲンにはコラーゲンを作り出す働きがあり、ホルモンバランスが整っていれば頭皮は潤いますし、髪にはツヤもハリもあって、ある程度はボリュームを出すことも可能です。

またエストロゲンには育毛促進効果もありますので、更年期等のホルモンバランスが乱れやすい時期には分泌量が減少し、髪の毛が抜けやすくなってしまう場合もあります。

このエストロゲンに似た働きをするのが大豆イソフラボンで、納豆や豆腐等の大豆製品を摂取すれば、体内でエストロゲンの擬似ホルモンとしての働きをすると言われています。

大豆イソフラボンを補給すれば更年期の女性でも、髪の毛の状態を良くすることは十分に可能なのです。

ちなみに、男性の薄毛に対しても効果を発揮すると言われています。

ただし、大豆イソフラボンは育毛に直接効果があるわけではないので、摂取をしたとしても、育毛に欠かせない栄養素の補給をすることにはなりません。

あくまでも女性ホルモンの働きを助け、ホルモンの量を補充するという働きに留まります。

ですからより育毛効果を発揮するためには、直接育毛効果を発揮する成分も、同時に摂取する必要があります。

これらの成分は基本的には、毎日の食事から摂取するのが理想ですが、どうしても摂りきれない分もありますので、その分だけを育毛サプリで補給すると良いと思います。

サプリはあくまでも健康食品であり、毎日の食生活で不足しがちな栄養素を補給するものだと考えてください。

大豆イソフラボンは女性ホルモンの分泌量の低下や、男性ホルモンの割合が多くなったことによる薄毛や抜け毛に効果があります。

生活習慣や食生活の乱れ等によって女性ホルモンの分泌量が低下している人や、更年期によりホルモンの量が減少している女性が摂取しますと、特に育毛効果につながりやすくなります。

大豆イソフラボンを他の栄養素と共に補給したい人には、大豆イソフラボンと発毛や血行を促進する成分・美容成分も配合している、マイナチュレの育毛サプリがおすすめです。

女性の薄毛・抜け毛に必要な成分~亜鉛~

亜鉛は微量でも身体の健康維持には欠かせない栄養素であるミネラルの1種であり、女性の薄毛・抜け毛対策も含めた、髪の健康維持にも有効な成分です。

亜鉛は薄毛対策に有効なのは髪の毛の生成に欠かせない成分です。

薄毛や抜け毛の原因となる酵素を抑制する働きも持っています。

牡蠣髪の毛の90%はケラチンというタンパク質で構成されていますが、亜鉛は体内でアミノ酸に分解されたタンパク質をケラチンに再合成する働きもあります。

また亜鉛を継続的に摂取していれば、薄毛や抜け毛の原因とされる5α-リダクターゼという酵素の働きが、抑制されるというメリットもあるのです。

それが亜鉛の摂取によって髪の毛を健康に保ったり、薄毛や抜け毛を予防する効果につながっているのです。

ちなみに亜鉛が多く含まれている食材には、生ガキ・煮干・タタミイワシ・豚レバー等があります。

しかし煮干で出汁をとった味噌汁やお汁を日常的に食べているという人ならば別ですが、日常的に食べない食材が多いということが言われています。

そのため、あくまでも普段の食生活で不足している栄養素を補助するという意味で、亜鉛を含むサプリを摂取するのが、1番効率よく亜鉛を摂取する方法もあります。

亜鉛は他にも

  • 新陳代謝を促進
  • 薄毛や抜け毛の原因になり得るストレスの軽減
  • 精神の安定や不眠の解消
  • 免疫力の向上

等の働きもありますので、常に意識して摂ることが大切です。

とは言え他の栄養素に関しても言えることですが、亜鉛も摂り過ぎると弊害が起きる場合もあります。

不足しますと貧血や味覚障害・下痢・生理不順等、女性特有の身体の不調の原因になりますので、忘れずに摂取するようにしましょう。

Sponsored Link

また亜鉛だけを摂るのではなく、タンパク質やビタミンと共に摂ることも心がけるようにしましょう。

女性の薄毛・抜け毛に必要な成分~たんぱく質~

髪が作られる元になる成分は食べ物に含まれていることが多いのですが、その中でも特に大切な栄養素がたんぱく質であり、そのたんぱく質の摂取は薄毛や抜け毛の予防に大いに効果があるのです。

たんぱく質はアミノ酸から形成されており、人間の身体を構成するのに欠かせない栄養素ですが、髪の毛や頭皮も、その成分の90%以上はケラチンというたんぱく質で構成されています。

このたんぱく質の摂取量が不足していますと、健康な髪が育たずに髪が細くなってしまい、薄毛や抜け毛の原因となってしまうのです。

たんぱく質の不足は、髪の毛の生成が正常に行われないことと直結しているからです。

では次にたんぱく質を含む食材と、その食材を摂取することによって、どんな効果が得られるのかについてお話していきます。

肉類

動物性たんぱく質の含まれている肉類です。

ただし、動物性たんぱく質には脂肪の多い高カロリーなものもあります。

油を使わない調理法で調理するか、赤身の牛肉・豚のヒレ肉・鶏肉のササミやムネ肉等、比較的低カロリーの肉類を食べると良いでしょう。

魚類

同じく動物性たんぱく質の魚類です。

魚にも低カロリーの川魚と脂身が多く高カロリーの海の魚とがあります。

高カロリーの海の魚の中でも、サバやイワシ等の青魚は育毛に欠かせないビタミンや亜鉛も含まれているため、食べる量に気を付けながら食べるようにしてみてください。

たまご動物性たんぱく質の卵です。

卵には髪の生成に欠かせないビタミン類も豊富に含まれていますので、毎日食べるようにしても構わないと思います。

ただし、半熟や生卵の状態ではビタミンが吸収しづらいですから、薄毛や抜け毛の予防で食べるのであれば、ゆで卵・卵焼き・目玉焼き等にして食べると良いでしょう。

大豆と大豆製品

植物性たんぱくの大豆と大豆製品です。

この大豆に含まれているイソフラボンはたんぱく質でもあり、抗酸化物質のポリフェノールの1種でもあり、女性ホルモンに似た働きをしますので、男性ホルモンが過多になってしまったことが原因の薄毛や抜け毛の予防効果が期待出来ます。

勿論たんぱく質だけ摂取していては栄養的に偏ってしまいますので、ビタミンやミネラルを含む食品と組み合わせて食べるようにしましょう。

女性の薄毛・抜け毛に必要な成分~ビタミン類~

ビタミン類は、髪の毛の生成に欠かせないタンパク質とセットで摂ることによって、薄毛・抜け毛対策にはより有効となります。

ビタミン類は日常生活では不足しがちですが髪には欠かせない成分ですので、ミネラルとも合わせてバランスよく摂取する必要があります。

ビタミン類の内訳と、その働きや各々のビタミン類の含まれている食材等についてお話していきたいと思います。

ビタミンB群

ナッツ類ビタミンB群には細胞分裂を助ける働きがあります。

魚・卵・緑黄色野菜・ビール酵母・豆ナッツ類・小麦胚芽に含まれています。

もし不足すると、皮ふの炎症・吹出物・かぶれ・フケ・脱毛・ヘアサイクルの乱れ・新陳代謝の低下等の原因となります。

薄毛・抜け毛対策には欠かせない成分と言えます。

またビタミンB群は砂糖や脂肪分の代謝にも使われますので、スイーツや脂っこいもの等を食べ過ぎますと、一気に不足してしまいますので十分な注意が必要です。

ビタミンA(レチノール)

ビタミンAは髪の毛や頭皮の潤いの保持に効果があります。

緑黄色野菜・レバー・肝油・ウナギ・乳製品等に含まれています。

ビタミンC

ビタミンCには皮下出血や皮ふの色素沈着を防いで傷の修復を早める効果があります。

果物類の中の柑橘類や苺・緑茶・キャベツ・緑黄色野菜等に含まれています。

ビタミンD

ビタミンDにはかぶれの予防や、ストレスの原因にもなるイライラ感や疲れやすさの改善に効果があります。

不足すると髪の毛の再生が困難になるほど大切な成分であり、卵黄・レバー・椎茸・イワシ・鮭・マグロ等に含まれています。

ビタミンE

ビタミンEには老化防止・代謝促進・皮ふ病予防・血行促進・抗酸化等の働きに効果があります。

小麦胚芽・大豆・卵黄・緑黄色野菜・ゴマ・アーモンド・イワシ・サバの青魚等の食品に含まれています。

なおビタミンA・C・Eには抗酸化作用もあり、ビタミンB群とは水溶性ビタミンB群の内の、B1・B2・ナイアシン・パントテン酸・B6・B12・葉酸・ビオチンの8種の総称のことですので御了承ください。

-女性の薄毛・抜け毛

Copyright© 女性の育毛・頭皮ケアガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.