女性の薄毛・抜け毛

昔よりも薄毛・抜け毛に悩む女性が増えている。その原因って?

更新日:

Sponsored Link

お昼の時間帯のテレビに女性用の育毛剤やウィッグのCMがよく流れている。

男性向けの薄毛治療のクリニックに女性向けの外来が併設され始めた。

女性専門の頭髪クリニックが増えてきた。

こういった状況から、近年薄毛や抜け毛に悩む女性が増えてきていることは、容易に察することが出来ると思います。

ストレスの女性これは主に女性の社会進出の一般化によって、昔よりも若い年代の女性も職場や家庭生活との両立等で、強い精神的なストレスを感じる頻度が増えているためと考えられます。

それは特に労働環境に於いて、女性と言えども、より重い責任を負って仕事をすることが当たり前になってきているからです。

この記事の本筋から少し外れた話になりますが、今の日本の職場の雇用制度は大勢人を雇って効率的に仕事を進めるよりも、最小限の人数で必要に応じて残業や休日出勤をさせることで、企業側の負担を減らそうとしている傾向にあることも、社員や従業員側には負担となり、男女問わず持続的なストレスになっているのではないかと思われます。

特に女性の場合は精神的な強いストレスは、体内のホルモンバランスが乱れる原因になり抜け毛・薄毛の原因にもなります。

見た目を気にしがちな女性にとっては深刻であると言えます。

通常女性の身体は女性ホルモンの作用によって様々な悪影響から守られていて抜け毛を抑制し、毛髪の豊かさを維持することが出来ています。

びまん性脱毛症しかしストレスによってホルモンバランスが乱れホルモンの分泌量が減ってしまいますと、相対的に男性ホルモンが優位となってしまい、抜け毛や薄毛の原因になることがあるのです。

これは男性ホルモンは優位になりますと、DHT=ジヒドテストステロンという成分が生成され、ヘアサイクルが乱れてしまうことによって、抜け毛や薄毛の症状が酷くなってしまうのです。この症状のことを女性男性型脱毛症(FAGA)といいます。

今は中高年の女性にも元気で活動的な人が多いですが、この時期はいわゆる更年期にあたっており、加齢に伴う女性ホルモンの分泌の減少によって、様々な症状に悩まされる人もいます。

その1つが抜け毛や薄毛の症状であり、個人差もありますから全く悩まされない人もいます。

この時期に若い頃より髪質の劣化やボリュームダウンが目立ってくることについては、昔から何も変わっていないわけです。

Sponsored Link

しかし昔より経済的に豊かになり生活が便利になったことによって、年配の女性でもオシャレをして出掛ける機会も増えてきていることから、自分の抜け毛や薄毛の症状を気にする女性も増えたと考えられます。

-女性の薄毛・抜け毛

Copyright© 女性の育毛・頭皮ケアガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.